seidaku-number-01-small

seidaku-credit-02
seidaku-number-00-small

清濁の青、透明な黒

様々なジャンルのアーティストと共鳴し合い表現するComposite Art Unitである。

清濁の青、透明な黒 の音

相反するものが相まみえる世界の瓦礫の上に立ち、宇宙を仰ぐ。湧き踊る喜び、弔いの念、欲望を哀れむ憤りが奥底から込み上げ、脳天を突き抜ける。神々の意思のままに躰は弦と戯れ、声を発し歌う。原始的かつコンテンポラリーな祈りのヴァイブレーションが、濡れた紙に滲む墨のように世界を満たしてゆく。

清濁の青、透明な黒 と 本阿弥光悦

枯れた趣の中に実験的意匠を残し、大胆な佇まいに垣間見える繊細な息遣いと物差し。光や角度によって変化する味わい深い景色に、ぽってりとした釉薬のぬくもりある質感。少し傾いた不完全さに愛嬌があり、貫入(ひび)をものともせぬ、清濁併せ呑むおおらかな風格。これらの多面性は、好奇心旺盛な作者の生き様そのものである。どちらも、天性の才と洗練された感性を併せ持ち、その上にある境地で、自然に身をゆだね無邪気に遊んでいる。人々を魅了し続ける不朽の芸術がここに在る。

seidaku-number-01-large

seidaku-credit-02
seidaku-number-00-large

清濁の青、透明な黒

様々なジャンルのアーティストと共鳴し合い表現するComposite Art Unitである。

清濁の青、透明な黒 の音

相反するものが相まみえる世界の瓦礫の上に立ち、宇宙を仰ぐ。湧き踊る喜び、弔いの念、欲望を哀れむ憤りが奥底から込み上げ、脳天を突き抜ける。神々の意思のままに躰は弦と戯れ、声を発し歌う。原始的かつコンテンポラリーな祈りのヴァイブレーションが、濡れた紙に滲む墨のように世界を満たしてゆく。

清濁の青、透明な黒 と 本阿弥光悦

枯れた趣の中に実験的意匠を残し、大胆な佇まいに垣間見える繊細な息遣いと物差し。光や角度によって変化する味わい深い景色に、ぽってりとした釉薬のぬくもりある質感。少し傾いた不完全さに愛嬌があり、貫入(ひび)をものともせぬ、清濁併せ呑むおおらかな風格。これらの多面性は、好奇心旺盛な作者の生き様そのものである。どちらも、天性の才と洗練された感性を併せ持ち、その上にある境地で、自然に身をゆだね無邪気に遊んでいる。人々を魅了し続ける不朽の芸術がここに在る。